新たな旅立ち

新たな旅立ち

先日、主人のお母様がお亡くなりになり帰郷してまいりました
家族総出で、その悲しみを表現しておられ
その姿に胸を熱く、心を揺さぶられる想いになりました
家族としてご縁を持ち、そして長年そのご縁を温めながら暮らす
いつの日か子供は巣立ち、老夫婦だけの生活が始まる
子供達は又新たなご縁の中で家族を作り、そこで愛を育てる
孫ができる頃には親はそろそろ、この世の中を知り尽くし
子供達の幸せを心から喜ぶ。。。
そんな親もいずれはこの世界から他界し新たな道が開かれる
何十年もの間、暮らしの中からの親子の愛はそれはそれは美しいもので
そんな家族の一員がこの世界から他界するそのお見送りは
今までの生活の全てが走馬灯の様に目の前を通りすぎるのでしょう
お坊さんの声が耳に吸い込まれ、ああ〜さよならなんだと!
そして焼き場に進むその道すがらでは何を考えるのだろう〜!
焼き場で息を吹き返すことも心の何処かで感じているのかもしれない
そうやって考えているうちにいよいよ焼き場でのお坊さんの声が心にしみる
冷たい鉄のドアを開き、その中に静かに収められた瞬間
最後のお別れとなり、もう二度と今までの姿では会うことも出来ない
そんな想いが涙を誘い、あちらこちらから悲しみの声が鳴り響く
「さようなら」今まで育ててくれて有難う〜
そして、今まで長い間自分たちを優しく見守っていてくれて「有難う」
家族のみんなが見守る中、その扉は閉じられ
その中に新しい世界への旅立ちを思う
もういない、肉体はハイになりそしてその中に骨が残る
家族、みんなでそのお骨を丁寧にひらい骨壷へ納める
こんなに小さくなって。。。
沢山の思い出と共に骨壷に納められて自宅へ戻る。。。
「おかえりない」長い年月生き抜いた自宅へ

こうやって一連の流れの中で感じたことは
他界した親にも新しい世界が開け、そして残された家族にも又新しい人生
お互い、世界は違えど今までの思い出は家族を強くする
親がいなくなり、そして小さな子供の親でもあり
この流れは代々続く、必ず来る出来事でもあり
小さな子供達はその様子を目に焼き付け
いずれ又、親を見送る側になるのだろう〜!と。。。

今回の帰郷と共に何と無く感じたことがある
家族の愛は代々受け継がれ、そして愛は心の中に残る
家族で学んだ経験が家族以外との出会いで
さらに磨きをかけて育っていくと言うことを。。。

社会の中での出会いを通じ形成された人間として生きる私達
家族は大事なもので、家族との出会いで学んだことを
社会のお役に立てたなら、素晴らしい愛が育まれるのだと!

新しい出会いは
今もなお、別れとともにやってくるんだと
そんなことをフッと思ったひと時だったと言う事を。。。

Share Your Thoughts!

You must be logged in to post a comment.

NPO法人 夢プラン研究会

〒540-0012
大阪府大阪市中央区谷町1-3-27
大手前建設会館307
Tel : 06-6755-4415
Fax : 06-6755-4416
Mail:info@yumeplan.jp

Copyright ©2013. All Rights Reserved.