芸術観賞斡旋活動

学校向け芸術鑑賞会
提案プログラム概要

夢プラン研究会からのご提案

芸術鑑賞会を通じ、生徒たちの職業意識を高め、
将来の「夢」について真剣に考える機会を創出します。

目的

健全な青少年育成と将来の労働環境向上のため、早期から職業意識を持ち、社会的課題を共に考える機会を持ちうる演目を実施すること。
芸術家、実演家が学校教育の中で芸術を通じて、社会の現状や将来に向けての指針を訴え、共に考える機会を設けること。

現状

実演家本人たちも、同じように「夢」を持ち、社会への貢献を熱く願う方々であり、これからの日本の労働環境や社会のあり方を真剣に考えています。
明確なメッセージのある演目を通じ、青少年が自分の将来を考える上での一助となる事を心から願って、演目作りに励んでいます。

NPOとしての取り組み

当面は近畿圏の小中学校に絞り、教育的意義のある演目を実演可能な実演家を紹介するため、複数の実演家を1つのカタログに編纂し、ダイレクトメールの発送を取りまとめ、演目に関する指導を行っています。
実演家個人を束ねる事で、場面に応じたバラエティー豊かな選択肢を提供します。

メリット

NPOという非営利団体の指導のもと実演される社会貢献性の高い演目により、ごく自然な形で健全な青少年育成に必要な、感受性の教育をおこなえる。
学校関係者・公演関係者からの意見やニーズを取り込んで構築された、教育的意義のある演目。
社会問題について共に考えることで、保護者・地域と教員との相互理解を深めることができる。

出演者の特徴

NPO法人夢プラン研究会の会員であり、
すでに数々の実演経験があり、
本プログラムの目的に賛同し、積極的に演目の向上に努めることができる、
教育を通じて、社会問題や雇用問題に取り組む意欲と情熱を持った実演家に限っております。

エントリー中の実演家

Happy Twins(双子のバイオリニストデュオ)
森源太(シンガーソングライター)
大野勇太(シンガーソングライター)
YOKO(母娘ボーカルデュオ)
亜空亜SHIN(マジシャン)
ファンキー矢沢(ものまね歌手)
サウスサイド・ジャズバンド(ジャズバンド)
新堂彩(シンガーソングライター)
あざーす(大道芸・マジック)
TU-KO(ベーシスト、シンガーソングライター、MC)

Happy Twins(ハッピー・ツインズ)

happytwins
辻本明日香&恵理香の双子姉妹によるヴァイオリン・デュオ。共に3歳から鈴木メソッドにてヴァイオリンを、7歳よりピアノを習い始める。11歳からユングゾリステンに入団し、オーストラリア、タイ、フランス、ドイツ、クロアチアなど多くの国への演奏旅行を行う。 
2000年、ヴァイオリン2本・チェロ2本のカルテット「クローバー」を結成、大阪・インド公演を成功させ、インド・日本の両新聞で大々的に報道される。明日香は2004年より英国王立音楽院で、恵理香は2006年よりプライベートレッスンで各自研鑽を積み、2007年・2008とロンドンでデュオリサイタルを行う。2008年12月にモーツァルト室内合奏団とバッハのドッペルコンチェルトを共演。

森源太

morigenta
1978年長崎県西彼杵郡時津町出身
大学一年生の時にギターと出会い、夢中になり、夢と出会う。
一念発起で、ママチャリ日本一周ストリートライブの旅に出る。 1年7か月をかけ、約8000キロ、47都道府県をママチャリで走破。スタートした時の所持金は3000円。生活費の全てを路上ライブで賄う。
日本一周の旅の中での出会いがキッカケで、大阪府箕面(みのお)市に住むことに。 カンボジアの子供たちと出会い惹かれ、プノンペンに移住し1年間の生活も経験。 同国には、自身でツアーを主催したり、現在でも年回5回ほど訪れている。 首都プノンペンにある『くっくま孤児院』の支援活動など、心の交流を続けている。2012年9月16日、大阪難波にある『なんばハッチ』にて、全国から1500人もの人を集めた単独ライブを大成功させる。事務所にも所属しないミュージシャンがなんばハッチを満員にすることは、異例中の異例。
これまでの経験や、そこから生まれた歌を子供たちに聴かせてほしい。 先生方や保護者の方々からの声を受け、学校での講演活動も精力的に行っている。
現在までにCD6枚、DVD3枚を製作。年間のライブ、講演は150本にのぼる。 『絆』『生命』の2曲は、ある映画の主題歌として、建設会社のTVコマーシャルソングとして使用されている。

大野勇太

oonoyuuta
宮崎県産!やすらぎ系シンガーとして 現在、関西を中心に活動中! 
宮崎県小林市出身。 
高校3年生から路上ライブをはじめる。 
宮崎県のとある中学校で非常勤講師を勤める。 
スペシャルオリンピックス日本・宮崎イメージソング 
「笑顔の花」などのイメージソングを手がける。 
2007年より大阪に拠点を移し関西を中心に音楽活動を始め、 
2010年「大阪パフォーマーライセンスを取得。 
ライブハウス・路上ライブはもちろん! 
イベントやショッピングモール 
そして、老人ホームやケアセンター慰問や 
小・中学校、養護学校や子育て支援、などでのコンサート♪等

YOKO

yoko
過去 某大手レコード会社にてデビュー経験あり。 
長男のダウン症や、両親との永遠の別れを経験し、 今の自分だからこそ伝えられる「大切なもの」を 一人でも多くの人の心に届けながら、 「福祉支援」などの夢を胸に もう一度歌いはじめました。 
主な活動として ネットでの音楽活動をスタートに、サポートメンバー、キーボードtetsu・ コーラス月夜(自身の娘)2011年?くみ(カホーン) ピンチヒッター みさ(ピアノ)と共に 「歌と講演会」「訪問ボランティアライブ」 関西圏内で各種イベント・ライブ出演など。 (高槻ジャズストリート、御堂筋KAPPO、 天満音楽祭 他多数) 不定期にFM出演。自身の楽曲も ON AIR。

亜空亜SHIN(アクアシン)

aquashin
5歳よりマジックを始め、12歳の時に深井洋正に師事。
近畿大学入学と同時にプロデビュー。

鳩やトランプを使ったステージマジックを得意とし、音楽に合わせた軽快でアップテンポな演技で国内外のマジック大会で高い評価を得ています。
そのパフォーマンスは年齢、性別、国籍を問わず大人気。
至近距離で行われるテーブルマジックもこなし、どのような場所でも楽しめる不思議を演出します。
近年は世界的マジシャンを目標に海外にも積極的にチャレンジ中です!
若さ溢れる亜空亜SHINのマジックワールド!!

ファンキー矢沢

funky_yazawa
1964年7月31日 大阪生まれ。血液型:B 趣味・特技: BaseBall絵 
2006年 11月 FANKY★YAZAWAとして、モノマネ活動開始、
2010年12月オリジナルアルバムも発売し、アーティストとしても活動、現在に至る。
ライブでは、自らの手で製作した、自作マイクスタンドを愛用。衣装、他、小物に至るまで全てにおいて、”矢沢”に拘る。そのステージは、見るもの全てに感動を与える。2009年 国連支援交流協会本部から感謝状を贈呈される。ワールドピースリング
東京都 平成21年度版人権メッセージに掲載される。
TV、ラジオ多数出演、関西を中心に全国へライブ活動を続けながら、各所における営業も盛んに行う。
《CDアルバム》
・2010年12月 4日 1st CDアルバム 『√FUNKY』を発売。
・2012年 4月13日 2nd CDアルバム 『Away』を発売。
《主な活動・他》
・2011年11月15日より 大阪・緑橋『ものまねアラジン』にレギュラー出演中
・2011年11月 関西テレビ「スーパーニュースアンカー」にてFUNKY放映
・2011年12月 関西テレビ『どっキング48』にてFUNKY放映
・2012年 7月 musicる(みゅーじくる)にアーティスト登録される。

サウスサイド・ジャズバンド

top_image_red
クラリネット奏者の吉川裕之を中心に1974年にカルテットで結成。1930年に大流行した、シカゴスタイルのジャズ演奏を目指し、大阪を中心に活動中。
1986年と1988年の2度にわたるシカゴからの招待を受け、各地のフェスティバルに参加。「その奏法は、卓越したオリジナリティと、ジャジーでドライブ感あふれるサウンドで、本場シカゴに<サウス・サイド>の名をとどろかせた」(シカゴトリビューン紙)と、絶大な人気を博し、海外公演を成功させた。
TVの分野ではNHK連続ドラマ「浪速の源蔵事件帳」の音楽を担当。また朝のテレビ小説「よーいドン」では演奏だけでなく出演もする。全国ネットでもあり、ディキシーランドジャズをより多くの人にアピールした。

新堂彩

img_7453-2
シンガーソングライター、またラジオパーソナリティとして、関西を中心に活動中のアーティスト。
幼少期から、ピアノやフルートやドラムなど、様々な楽器に触れながらも、音楽が大好きだったと気づいたのは、実は大人になってからの事。おりこうさんで、人に合わせて自分の本心をなかなか口に出来ず、八方美人な生き方を知らない間にして来たけれど、それは、「自分の人生を、自分で歩く事。」が出来ていなかったんだと気付く。自分の人生をちゃんと自分の心で歩きたい!と強く思いはじめた事から、心について探求し、掘り下げ、誰の中にもあるような、小さな心の揺らぎをストーリーとして歌うようになる。「みんなが、自分の人生を踏みしめて歩けるような歌を届けたい。」と活動を続けている。
「今」が一番、音楽が好き!を毎日更新中♪__BLOG「彩色日記〜泣いちゃうくらい歌が好き〜」

あざーす

top2
大ドジ芸人 あざーす
[コメディー大道芸人・マジシャン]
いつでも全力!愛のある空回りパフォーマー!!
考え尽くされた失敗(?)から生まれるアットホームな雰囲気☆
スキルがないわけじゃない!
マジックバーで鍛えたお笑いトークに、路上で鍛えた多彩な芸の数々
ちびっ子から大人まで楽しめる「あざーすコメディーショー」☆
ぜひお見かけの際は、
一緒にご唱和ください。
『あざーす!!!』

TU-KO(ツーコ)

tu-ko
滋賀県大津市出身/5.10生まれ/A型の関口家の次男坊
ベーシスト、シンガーソングライター、MC。
8bitサウンドにベースを乗せて弾き語る、ピコピコ哀愁ポッパー。
ソロ活動、楽曲提供やサポート演奏、他にも司会などマルチにこなす。
全国で様々なジャンルで活躍してきたベーシストTU-KOが2007年にシンガーソングライターとしてソロ活動を開始。
ベースでピコピコ8bitな哀愁ポッパーTU-KOが繰り出す独特の喜[努]哀楽ステージで、
動画やファミコンを駆使した「ネタあり笑いあり感動あり」のハッピー空間を展開。
楽しくなけりゃ意味がない!? 独特のTU-KOミュージックである。

NPO法人 夢プラン研究会

〒540-0012
大阪府大阪市中央区谷町1-3-27
大手前建設会館307
Tel : 06-6755-4415
Fax : 06-6755-4416
Mail:info@yumeplan.jp